投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

バースデー・パーティー

イメージ
こなぎママの誕生日の会を開きます。 これは、こなぎグランマの手作り

こなぎパパからの、ママへのプレゼント








大根、 たこやき、

小龍包と、白菜の漬け物
おいしかったです。
その後、町内の夜回りに突入。 お疲れ様でした。 おやすみなさい。

梅は五分咲き

イメージ
ガレージ前の榠樝の木も若葉が芽吹いてきたということで。

毎年出掛ける「追分梅林」へ。

大勢のお客さんでした。


ただ、梅は
少し寂しい咲き具合かな。










いやいや、 そうでもないです。






梅は五分咲き。
名物のダチョウもいますし。 ぜひお出かけください。
帰りには霊山寺にお参り。











いつもきれいにされております。

春はそこまで、
を実感する気候でした。











晴天の高野山で冬の名残を惜しむ。おまけつき

イメージ
次の朝、目覚めたら快晴。 いやあ、昨夜は寒かった。
それにもめげず、 朝7時からは勤行、おつとめですな。 本堂まで案内してもらいます。 終わって、窓の外は春のような陽射し。

次に行くのは護摩祈祷。




専用の小屋がある。

陽射しがないところは
やっぱり寒い。




終わって朝食。






おもえば、昨夕からなにも食べていなかった。
さて、あらためて、昨夜の奥の院を再訪。









修行の僧の読経もいい雰囲気。










よし、山へ登ろう。 摩尼山へむかう。
高野三山という。 ところが、
霜柱。






そして雪。













摩尼山の頂上から下を見ると、 残雪の山道。 先に着いていた登山者はアイゼンまで装着している。 これはあぶない。やーめた。
ということで、 お接待の甘酒を頂いて、街の見学に方針変更。

苅萱堂。 石堂丸の伝説に、泣く。

金剛峰寺。 石の庭に感銘。

お茶とお菓子をいただく。
そして内部の古い厨房にもびっくり。

高野山はまだ真冬

イメージ
20日は弘法大師の入寂の日ということで、
高野山ではおこもり体験が行われます。
日本各地から大勢の人が。

わしも南海電車で高野山に向かうことにする。

午後3時前なので意外に空いている。

それでも、 撮り鉄たちはたくさん。
高野山に到着。
少し時間があるので、
今日は歩き。
 









3キロ歩いて、着いたのは 大門です。

そして今晩お世話になるのは、
惠光院(えこういん)さん。













まずは「阿字観」という座禅の体験。


本堂前から見た山は夕焼け。 夜がせまってくる。
夕食の後は写経体験。
そして夜が深まる午後7時、 星がきれいな高野山。 集まった善男善女は奥の院へ歩き出す。


残念ですが、撮影禁止でした。 ただ、寒かった。