投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

松伯美術館で絵画鑑賞

イメージ
1月15日(日)

久しぶりの「松伯美術館」。
歩いて45分くらいで到着。




収蔵作品展Ⅱ「野生の神秘を写す」~身近な動物から干支まで~
を開催中。

ここはすぐ手が触れそうな位置で作品鑑賞が出来るのが強み。

さすがに松園さんの作品はあまり出展されていないが、
上村松篁さんの動物画に見る繊細さには感嘆。

ただ、ちょっと保存状態に難点があり、絵の具のにじみなどを散見。
それを指摘すると、こなぎグランマなどは、
「そんなひねくれた見方しかできないのよ、あんたは」と手厳しい。

淳之さんの作品は、松篁さんが亡くなってから橿原神宮の新年絵馬で拝見していた。
加えて、2010年に平城宮跡に復元された「大極殿」の壁画のニュースでもおなじみ。

今回その「四神図」の下描きをみたが、実は白虎の方向が右向きになっているのに気付く。
またまた「ひねくれた見方」なのかも。

さて、おみやげはいつもの「しおり」で松園さんを偲ぶことに。






庭とお山を散策して帰る。

もう一度初詣

イメージ
1月7日(土)


あらためまして A Happy New Year。

七草粥でお祝いのあと、新年のお墓まいり。
枚岡のお墓と京都のお墓をはしご。

京都では五条から二条まで歩き。
途中、錦市場の様子を覗く。


正月のにぎわいがまだ残っておる。

二条の目的地はここじゃったが、
あいにくのお休みで、ビビンバはお預け。

かわりに、寒天のお店で昼食。



そのあと、あらためて下鴨神社で初詣。
やはり本場のお正月は長く続いている。
ということで、とら歳の守護社へごあいさつ。
立派な龍が見守ってくれていた。

謹賀新年

イメージ
2012年1月1日

あけましておめでとうございます。
ということで、初詣。
いざなぎ神社におまいりし、長弓寺での鐘つき。 いつものコースで、いつものお正月。
と、突然、ぶらんこが登場。 空高く舞い上がる一年になりますように。