投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

ムサの世になりけり、は慈円のことば

イメージ
2月25日(土)

 ケーブルテレビの催しで京都府城陽市まで。

 松平さんの講演会。

文化パルク城陽は立派な施設。

参加者はやっぱり中高年が多い。 保元、平治の乱を振り返って、 慈円が『愚管抄』に残した言葉 「ムサの世になりけり」 をテーマに、清盛の時代を解説、 懐かしの「そのとき歴史が動いた」を再現。

昨年の大河の評判を引きずって、 今回の「平清盛」は、視聴率は芳しくないものの、 これからはちゃんと大河ドラマらしくなっていくとの期待も。 清盛は政治的、軍事的、経済的にすばらしいものを持っていた、 それをあらためて楽しんでほしい、とNHKのOBらしい結びでお開き。


梅は咲いたが・・・まだかな

イメージ
2月25日(土)

先週の梅、今日の梅。

この2枚は先週の朝、近くの公園で見かけた梅のつぼみ。
それが、今朝の雨でもあまり咲いておらず。
やはり、ことしは寒いのかな、という結論。
午後、城陽市まで行って見つけた梅は白梅だがこんな感じ。 やはり、城陽市のほうが、春は近いのかな。

おお寒!

イメージ
2月19日(日)

寒かったのう。マイナス5度を観測したそうだ。
裏の水道の凍結を防ぐために、夜の間、ぽたぽた、しずくのままにしておいた。
すると、朝みると、こんな氷柱が。

約20センチはあったぞ。

2012白峰の旅

イメージ
2月10〜12日(金〜日)

夕方、軽く食事を済ませて出発。


名神から北陸道にはいると、道端の雪もそこそこ残っている。
吹雪の中をひた走る。

福井北で高速を下りると、やはり、そこは雪国。
ここから勝山を抜けて山に入ると、豪雪地帯の面目躍如。
それでも予想外に速く、11時前には、白峰に到着。
いつもの「山和荘」さんで、きょうは半泊。

翌朝、目覚めると降り続く雪。 こなぎも窓から眺めてぼんやり。
出発する時には雪も止み、スキー日和に。 クルマは別棟にしまっていたので、スムーズなスタート。

白山一里野スキー場では雪だるまさんがお出迎え。
リフトを降りたところから見ても、今年は山の色が違う。 白いぞ。 こなぎとパパは特訓中。
 こゆめを抱いて滑るこなぎママ。
食事のあとはゴンドラで山頂まで。 こなぎはすっかり赤ちゃん滑り。 立て続けに2回往復。だっこする方は疲れます。

今回ゲストのK先生がこゆめのお世話も。

山和荘への帰り道、手取ダムも雪に埋もれている。

夜の食事は盛り沢山。